届いた支払い即特を無視し続けるとどうなってしまうのか

借金の返済を長期間に渡って行わないと、借り入れの状況によっては支払督促が届く場合があります。支払督促はそれまでの催促状とは異なる扱いのため、無視をし続けてしまうと大きな問題に発展します。

 

そもそも督促状が届く段階というのは、非常によろしくはありません。どの借り入れ先でもいきなり督促状が届くということはなく、多くはその前に電話での支払いの連絡や催促状などが届いています。それらにも応じずに支払いをしていないわけなので、受け取った側には大きな非があるのは明らかです。

 

自分が悪いにも関わらず支払いをそのまま行わない、連絡もしないとなると、債権者側も強気に出てきます。督促状を送りつける段階は借金問題の最終局面とも言え、そのままにしていると給与の差し押さえなどの強制執行となる場合があります。

 

差し押さえになると債務者側ではどうにもならず、そもそもそれまでに連絡も何もしなかったことが悪いために自業自得です。そうなってからでは遅いので、借金の支払いができないとしても決して支払督促は無視をしないようにしてください。

 

仮に支払督促を無視した場合には差し押さえによって会社に借金がばれてしまい、差し押さえられるような状況になるまで支払いを行っていないことも分かってしまい、状況は悪化するばかりです。支払督促を受け取った段階ですぐに行動に移せば避けられる事態なので、不安に感じる方は弁護士に相談、そして解決のための依頼を行っておくと良いでしょう。