借金返済に行き詰ると生活にも多くの影響が出る

借金の返済に行き詰ってしまうと、暮らしの中でも様々な問題や影響が出てきます。単純にお金がなくなるのはもちろんですが、日々の取り立てに怯えること、支払日が次々と訪れることで精神的な余裕もなくなります。

 

仕事も手に付かなくなり、会社宛の電話がなるたびに取り立ての電話でないかと気にしてしまい、大きなストレスを抱えながら毎日を過ごさなければならなくなります。

 

金融会社の取り立ても一昔前に比べるとやわらかくなったとは言え、支払いをしなければ連絡が来るのは当たり前です。取り立てと言えば言葉は悪いですが、請求の連絡や催促の電話と聞けば普通であり、意味合いとしては同じようなものですが取り立ては今も昔も行われています。

 

取り立ての手口は借り入れ先によって異なりますが、銀行カードローンの保証会社や大手消費者金融では大体は同じです。電話での連絡が主となり、利用状況によっては訪問による支払い計画の練り直しを行う場合もあります。

 

正規業者であれば電話は鳴りますが暴力的な言動は今ではほとんど見受けられず、言葉遣いは丁寧です。それでも催促の連絡、取り立ての電話であることには違いは無いので、毎日のように連絡が入ると嫌な気持ちになってしまいます。

 

しかし、気をつけるべきは正規業者ではない闇金で借りている場合です。闇金は貸付自体が違法なために取り立ても違法となり、嫌がらせなども繰り返してきます。請求額もおかしな金額となってくるので、違法な闇金の取り立てによってお金を取られてしまう前に、専門家である弁護士や司法書士に連絡をして相談をしてください。