自己破産は家族に内緒で進めることも一応は可能

借金が膨れ上がってしまい、とても返せないような金額となってしまった、返すだけの収入がなくなってしまったといった場合には、やむを得ず自己破産による借金の整理を行う場合があります。自己破産が認められれば借金返済が免除されますが、その代わりに様々な問題点も出てきます。

 

代表的なのが官報に情報が載ってしまうという点です。自己破産者は官報とされるところに情報が掲載されてしまうため、見ている人がいれば自己破産をしていることがばれてしまいます。ただ、いちいち官報を見ているのは一部の業者のみとも言えるために実際には大した問題ではありません。

 

官報に掲載がされる以上の問題点として、破産の履歴が残ると職業が制限される場合がある点です。一部の職種では自己破産者の就業を認めていないため、仕事に就けない可能性があります。個人の信用を重要視する職業の場合に多く、警備員なども不可となります。

 

その他、今後の数年間はローンが組めないなどの点もありますが、それは自己破産に限らず債務整理全般に言えることなので自己破産だからと言った問題点ではありません。

 

これだけ見ても自己破産には多くの問題点があるのが分かりますが、ここで気になるのが家族にばれてしまうのではないかといった点でしょう。家族が官報を見ていたりすればばれる可能性はありますが、自己破産を弁護士に依頼をして進めてもらうとすれば手続きを任せられ、プライバシーも守ってくれるのでばれることは基本的にありません。

 

ただ、今後のローン契約や仕事のこともあるので、できるなら内緒にはしないほうがよいでしょう。それでも秘密で進めたいのであれば、頼れる弁護士の下で家族に知られない自己破産を行ってください。