2016/09/24 12:08:24 |
借金の返済に行き詰ってしまうと、暮らしの中でも様々な問題や影響が出てきます。単純にお金がなくなるのはもちろんですが、日々の取り立てに怯えること、支払日が次々と訪れることで精神的な余裕もなくなります。仕事も手に付かなくなり、会社宛の電話がなるたびに取り立ての電話でないかと気にしてしまい、大きなストレスを抱えながら毎日を過ごさなければならなくなります。金融会社の取り立ても一昔前に比べるとやわらかくなったとは言え、支払いをしなければ連絡が来るのは当たり前です。取り立てと言えば言葉は悪いですが、請求の連絡や催促の電話と聞けば普通であり、意味合いとしては同じようなものですが取り立ては今も昔も行われていま...
2016/09/24 12:08:24 |
借金の返済を長期間に渡って行わないと、借り入れの状況によっては支払督促が届く場合があります。支払督促はそれまでの催促状とは異なる扱いのため、無視をし続けてしまうと大きな問題に発展します。そもそも督促状が届く段階というのは、非常によろしくはありません。どの借り入れ先でもいきなり督促状が届くということはなく、多くはその前に電話での支払いの連絡や催促状などが届いています。それらにも応じずに支払いをしていないわけなので、受け取った側には大きな非があるのは明らかです。自分が悪いにも関わらず支払いをそのまま行わない、連絡もしないとなると、債権者側も強気に出てきます。督促状を送りつける段階は借金問題の最終局...
2016/09/24 12:08:24 |
闇金には色々なタイプが存在しており、一般的となるのが少額を高金利で貸し付けるところですが、一部では質屋を装った闇金も存在しています。まるで価値の無い質草に高い値打ちをつけ、期限になると支払いを迫るといった手口です。質屋は質草を戻さなければお金を返す必要はありませんが、それは本来の正規の質屋の場合です。闇金のような滅茶苦茶なところではそもそもが質屋ではないため、お金の取り立てを行ってくるのです。払わずに質草を流してくれればいいといった話も通用せず、お金の支払いをしなければ闇金は取り立てを激化させてきます。本人以外にも家族や会社にも電話や連絡が来る場合があり、取り立ての被害はどんどんと拡大してしま...
2016/09/24 12:08:24 |
借金が膨れ上がってしまい、とても返せないような金額となってしまった、返すだけの収入がなくなってしまったといった場合には、やむを得ず自己破産による借金の整理を行う場合があります。自己破産が認められれば借金返済が免除されますが、その代わりに様々な問題点も出てきます。代表的なのが官報に情報が載ってしまうという点です。自己破産者は官報とされるところに情報が掲載されてしまうため、見ている人がいれば自己破産をしていることがばれてしまいます。ただ、いちいち官報を見ているのは一部の業者のみとも言えるために実際には大した問題ではありません。官報に掲載がされる以上の問題点として、破産の履歴が残ると職業が制限される...
2016/09/24 12:08:24 |
弁護士での相談内容となると借金問題が多いのは事実ですが、何も借金問題しか相談や依頼ができないわけではありません。近年では消費者金融業者への過払い金の請求などによって借金問題が大きく取り上げてられていることで、弁護士への相談=借金問題と考えられがちですが、決してそのようなことはありません。その他にも多くの内容の相談や依頼ができ、有名な内容としては離婚に関する慰謝料の問題があります。慰謝料額が両者で折り合わないことが多いために弁護士を間に入れて円満に解決をするといった流れになり、両者にとって納得ができる内容で離婚を成立させるものとなります。慰謝料といった面で見れば似た内容となるのが示談で、示談の中...